口腔内のリスクは歯医者と連携で対応!歯を長持ちさせるコツ

Posted on 11 of 3月, 2016 by

口腔内で起こるリスク対策

口の中で起こるリスクの中でも、虫歯や歯周病というのは比較的多くの方が経験される可能性が高いですよね。こうした口腔内リスクの多くは歯垢が原因になっている事が多く、歯垢が溜まれば歯石になって歯に付着しますし、そこから歯周病に繋がる菌が歯茎に入り込んだり、虫歯に発展する可能性が高くなるものです。毎日の歯磨きだけではなく、定期的に歯医者でチェックしてもらう事によって、こうした口腔内のリスクへの対策が可能になります。

歯医者は通いやすい所を選択する

歯医者は定期的に通うようにすると、初期段階の虫歯や歯周病を発見出来ますし、早期で治療に入れば治す事が簡単です。特殊な技術が必要な審美目的の矯正治療や手術になると、技術力の高い病院を探す事が望ましいですが、定期健診を受ける場合は通いやすい場所の中から評判の良い所を探すと良いでしょう。自宅でケアしても取り切れない歯垢等を歯医者で取り除く事が出来ますから、定期的に通う事によって歯を美しく長持ちさせる事が可能になります。

自宅と歯医者の二段構えで口腔内ケア

歯磨きを行う事で歯垢の除去が出来ますが、それでも歯と歯の間にある歯垢を除くには歯間ブラシが必要になったり、歯と歯茎の間の汚れは自宅ケアで取り除く事は難しいですよね。難しいからと放置すると歯周病に繋がって歯を失ってしまう事になったり、虫歯になってしまう可能性がありますから、自宅ケアと歯医者の二段構えで口腔内のケアを行う事が望ましいです。歯医者に任せるだけでは日頃の汚れを除去出来ないですし、自宅だけでも取り切れない汚れが発生するので、両方のケアを行う事が有効と言えます。

虫歯は放っておくとどんどん悪化してしまうので、必ず歯医者で治療してもらう必要があります。恵比寿の歯医者なら痛みを感じない治療を徹底して行ってくれます。