インプラントのメリットとデメリットとは?

Posted on 23 of 2月, 2016 by

インプラントってなんだ?

インプラント治療とは、失ってしまった歯の部分に人工の歯根となるインプラントを埋め込み、そこにフィクスチャーと上部構造を取り付けるという義歯治療のことです。ブリッジや入れ歯と異なる点としては外科的治療であるということです。インプラントは非常に人気が高まっていますが、審美的に優れているだけではなく咀嚼能率も高いので硬いものもバリバリ噛めることから第二の永久歯とも言われているので人気が高まっているのです。

インプラントのメリット

インプラントのメリットとしてはやはり自分の歯と同様に噛めるということです。入れ歯であったりブリッジの場合は不安定でなかなか硬いものは噛めなかったですし、他の健康な歯を削ったりする必要があるんですよね。インプラントは自分の骨に人工の歯根を埋め込むので他の歯にダメージを与えないですし安定しています。失ってしまった歯の部分だけではなく他の歯にとっても大きなメリットと言えるんですね。もちろん、見た目も普通の歯のように見えるので良いです。

インプラントのデメリット

硬いものも噛めるようになって見た目もきれいとなるとデメリットはないように感じますが、インプラントにもデメリットは存在します。それは、保険適用外なので治療費用が高額になってしまうということです。また、外科的治療なのでダメージが大きいというのもありますよね。また、重度の糖尿病や骨の状況などによっては治療が出来ない場合や、治療を行った後も定期的にメンテナンスを行う必要があるというのがデメリットとして挙げられるでしょう。

杉並区で行うインプラントのメリットについては、実に多くの患者からの注目が集まっており、しっかりと知識を得ることが大事です。